緑茶

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

緑茶

基本>
「緑茶」は青汁のメインでは使われずブレンド青汁に使われる天然素材です。説明不要なほどに日本人には馴染み深いものですが、実は健康素材として非常に優秀です。青汁に緑茶が用いられる理由としては、青汁特有の風味や苦味の緩和のためと青汁との相乗効果のためです。緑茶のもっているすっきりとした味わいは青汁の持っている風味や苦味を緩和し、青汁を非常に飲みやすいものに変化させます。日本人の舌に慣れしたしんだ緑茶ならではのアプローチともいえます。また緑茶は非常に高い殺菌作用を持っていることでも有名です。緑茶を配合した洗剤などがドラッグストアなどには必ず置いてあります。お寿司を食べたあとなどの口に滑りや臭いも緑茶を飲むとさっぱりします。その理由は緑茶のもっている高い効果の証明なのです。

効果>
緑茶には様々な有効成分が含まれていますが、その中でも「カテキン」は特に健康効果が高いことで有名です。カテキンはポリフェノールなどの仲間で、高い抗酸化作用を持っています。その効果は血圧の上昇を防いだり、血糖値の上昇を防いだりします。血中のコレステロール値を下げる働きを持っているので動脈硬化の予防にも役に立ちます。また、抗酸化作用によって活性酸素の発生を防ぎ、老化現象を止める力を持っています。高いアンチエイジング効果を持った成分なのです。口当たりの良さはもちろん、単体でも高い効果を持っている緑茶は青汁の強力なパートナーと呼ばれる存在です。