レモン

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

レモン

基本>
「レモン」は古くは十字軍遠征の際に壊血病(ビタミンC不足によって引き起こされる病気)の治療のために使用されるほど伝統のある食材です。大量のビタミンCやクエン酸は含みその香りは集中力の向上に繋がることが研究で明らかになっています。疲労回復でも知られスポーツ系サプリメントにレモンが使用される理由はそのためです。青汁と組み合わせた製品も販売されています。青汁の持つ独特の風味や苦味をレモンの爽やかな風味が打ち消し、青汁を非常に飲みやすくしてくれるのです。

効果>
レモンが含んでいる大量のビタミンCは抗酸化作用を持っていることで有名です。身体に老化をもたらす活性酸素を除去する効果はもちろん、肌につややはりを取り戻す若返り効果を持っています。またレモンに含まれる「リモネン」は柑橘類の皮に含まれるオレンジ油の主成分でストレスの解消やがん細胞の遺伝子操作を阻害する働きがあることがわかっています。レモンのもっているすっきりとする香りは集中力を高める効果があると共に、記憶などを司る海馬に働きかける作用があることがわかっています。記憶力の向上にもレモンは非常に有効なのです。