桑の葉

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

桑の葉

基本>
「桑の葉」のイメージは蚕の餌という方が多いと思います。しかし食用としてもむかしから常用されており、不老長寿の妙薬としてその高い効果は広く知られています。桑の葉をお茶にした「神仙茶」は咳止めの効果や滋養強壮、糖尿病の予防としても有効であるといわれています。近年では青汁のメイン原材料としても使用されはじめ、野菜の王様「ケール」や「大麦若葉」と並んで高い評価と注目を集めています。お茶として飲まれているぐらいなので非常に飲みやすいです。そのために、ケール青汁などが持つ独特の風味や苦味が苦手な方にとってもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

効果>
桑の葉には「デオキシノジリマイシン(DNJ)」と呼ばれる独自の成分が含まれています。デオキシノジリマイシンは過度のインシュリン分泌を抑えるので糖尿病の予防はもちろん、高血圧の予防にも非常に効果があります。また野菜の王様であるケールを上回る栄養価があるといわれており、特に抗酸化作用を持っているビタミンEやポリフェノールがふんだんに含まれています。抗酸化作用は体内で発生する毒素である活性酸素の発生を防ぎ、身体の若返りを促進します。桑の葉は高いアンチエイジング効果を持っているのです。高い効果を持っている桑の葉を使用した青汁は今後、どんどん増えていくでしょう。