熊笹(クマザサ)

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

熊笹(クマザサ)

基本>
「熊笹(クマザサ)」は日本全国どこにでも生えており日本人にとっても非常に馴染み深い健康食材のひとつです。日本国内だけではなくヨーロッパでも広く知られており、民間薬として親しまれてきました。主に外用薬として使用され、切り傷や皮膚病などに使われてきました。その高い効能から単体で熊笹茶、青汁とブレンドした製品が広く出回っています。

効果>
熊笹にはたくさんの成分が含まれていますが、特に熊笹に含まれる独自の成分「バンフォリン」は注目の成分です。この成分には免疫力をアップさせる効果や血液を綺麗にする効果、血液を作り出す効果があるといわれています。また含まれているビタミンKは止血効果や骨の形成や強化をもたらすなど非常に高い健康効果を持っています。このビタミンKは新生児にも処方されており欠乏症(新生児出血など)を防ぐ効果があることがわかっています。お茶として販売されていることから単体でもその効果が高いことははっきりとしています。青汁とブレンドすれば効がより高まることは間違いありません。しかもお茶としての味わいや風味を楽しめる青汁となれば飲みやすく、独特の風味や苦味が苦手な方にとってもありがたいことでしょう。