ケール

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

ケール

基本>
緑黄色野菜の中でもダントツの栄養を誇り、多くの青汁の原材料に使われているのが「ケール」です。ケールは「キャベツ」、「ブロッコリー」、「カリフラワー」などの日本でも有名な野菜たちの原種となった野菜です。ヨーロッパ圏では非常にポピュラーな野菜であり、日常的に使用されていますが日本では食材としてあまり使用されていないので入手が非常に困難といえます。逆に言えば高い栄養価のケールを摂取するためには青汁しかないともいえます。ケールはその高い栄養価から「野菜の王様」と呼ばれており、ケールが原材料である青汁が多いのもそのためです。ただし、高い栄養価の代わりに独特の風味と苦味をもっているのも特徴です。ケールを原材料にしている青汁に様々な野菜などがブレンドされているのは、栄養素の相乗効果を期待しながらその独特の風味を打ち消すためにも使用されています。また製造方法を工夫する、ケールの品質にこだわることによって独特の風味や苦味をかなりまろやかにできます。そのために、ケール100%の青汁も存在しており根強い人気を誇っています。

効果>
ケールは野菜の王様と呼ばれるだけあって非常に高い栄養を誇ります。ミネラルやビタミンはもちろんのこと、イソチオシアネートと呼ばれる辛味成分は血栓予防やがん予防に役立つといわれています。またケールは高い抗酸化作用を持つ野菜としても有名です。コレステロールの上昇を防ぎ、心筋梗塞や動脈硬化の原因である動脈硬化を防ぐ働きもあります。