遠赤外線

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

遠赤外線

基本>
遠赤外線の青汁というものが存在します。一般的には「遠赤青汁」と呼ばれており青汁の製造の際に遠赤外線を用いるためにこの名称で呼ばれています。なかなか遠赤外線といってもぴんと来ない方が多いと思いますが、遠赤外線を用いて作られた食材に「ひもの」があります。生魚は苦手でもひものなら食べられる方がいますが、それは遠赤外線によって魚の持つ臭みが消え、逆に旨みや栄養価がアップしているからです。

効果>
青汁の代表野菜であるケールに遠赤外線を当てて製造を行う、ひものと同じ効果が出ることがわかっています。栄養価が上昇することはもちろんのこと、味が非常にまろやかになり苦味が減るというものです。これは遠赤外線によってもたらされた効果であり、ケールだけではなく多くの青汁原材料に有効なことがわかっています。また遠赤外線を使用した製造方法では素材の持つ色や風味を損なわずに顆粒状や粒状ができるそうです。しかも加工が難しい根や茎も無駄なく使用できるようになるので、無駄なく素材のすべての栄養素を得ることが可能になります。今後は遠赤外線を用いた製造方法がどんどん広まっていくことが考えられています。