明日葉(あしたば)

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

明日葉(あしたば)

基本>
「明日葉」は「今日摘んでも明日には新しい葉が出る」といわれるほど生命力の強い植物であり、古くから不老長寿の代名詞のように扱われてきました。江戸時代には「天然痘」の予防に使われたという記述が残っている野菜でもあります。非常に高い栄養価をもちながらケールなど青汁の原材料野菜に比べて独特の風味や苦味がなく、飲みやすいことでも明日葉は有名です。ケールほど知名度はありませんが、食物繊維やビタミンB2の含有量はケールを大きく上回っており、非常に高い栄養価を持った緑黄色野菜なのです。

効果>
明日葉に含まれるカテキンやポリフェノールの仲間である特有成分「カルコン」は非常にすぐれた抗酸化作用を持っています。カルコンは体内で生成される老化現象を引き起こす「活性酸素」を除去する効果を持っており、アンチエイジング効果をもつ成分として注目を集めています。カルコンは動脈硬化の予防や血栓の発生を防ぐだけではなく、成人病や生活習慣病に高い効果を持っています。明日葉に含まれる「クマリン」と呼ばれる有機化合物は優れた抗菌、抗酸化作用をもっており明日葉は非常に優れたアンチエイジング効果を持っているといえます。知名度こそ、ケールや大麦若葉には及びませんがその高い効果が浸透していけば青汁の代名詞になる可能性を秘めた素材といえます。