ケール入りの青汁ってなに?

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

ケール入りの青汁ってなに?

ケールとはその高い栄養価から「青野菜の王様」と呼ばれている緑黄色野菜です。その栄養価のために販売されている多くの青汁に含まれている野菜です。キャベツやブロッコリーなどの原種となった野菜でヨーロッパなどでは一般家庭の食卓にも登場するメジャーな野菜になっています。日本国内ではマイナーな野菜ですが、その理由としては独特の臭いや苦味があり香草に近い性質を持っており好き嫌いが激しい野菜だといえます。また、香草自体を多用しない日本人の食文化にあまり馴染まなかったともいえます。逆にケールの高い栄養価をえるためには国内ではケール入り青汁を使用する以外には方法はほぼないといえます。このケールですが、栄養価が高いという理由だけで青汁に使用されているわけではありません。ケールに含まれる成分が多くの難病に効果的であるという研究成果があり、その高い効果のために多くの青汁に使用されているのです。ケールには多くの食物繊維、葉緑素が含まれておりこの成分は腸内の有害物質を排斥し整腸効果や便秘に対する高い効果を持っています。葉緑素には血中の血の流れを妨げてしまう「血栓」の予防効果はもちろん、高血圧の予防、血糖値の上昇の予防、コレステロール値の改善効果も持っています。また、老化を招くといわれている活性酸素を除去する働きもあると呼ばれておりアンチエイジングの切り札とも呼ばれています。この場で紹介をした効果意外にもケールは多くの効果があるといわれています。その効果は現代人が抱える多くの問題に対して非常に効果があるものなのです。効果を見ればこのケールは一番のオススメですが先ほどご紹介をしたように独特の臭いと苦味を伴うのも特徴のひとつです。そのために、高い効果がありながら避けてしまう方が多いのも事実です。しかし最近では独特の風味を抑えるために他の緑黄色野菜や抹茶などを混ぜている製品や、そもそも臭いを抑えてサプリメントタイプにしているものなどがあります。過去よりもケールの恩恵を受けやすくなっているのはありがたい話ですよね。