血栓症の予防

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

血栓症の予防

血栓とは文字通り「血液の栓」であり、傷の治療の際などに自然に生まれるものです。そういう意味ではごくごく自然に発生するものなのです。ただし自然に消えずにそのまま血中に栓が残ったままになってしまい様々な害をもたらす状態を「血栓症」と言うのです。この血栓症は非常に恐ろしい症状でありできる箇所によっては心筋梗塞や脳梗塞など大変恐ろしい病気を引き起こします。血栓が起こる原因としては色々とありますが食生活の乱れや生活習慣の乱れは大きな原因とされています。この大変恐ろしい血栓症の予防に青汁は大きな効果を発揮することをご存知でしょうか。多くの青汁に含まれるケールにその秘密があります。ケールに含まれる「イソチオシアネート」には血液をサラサラにし、血栓が出来にくくする効果があるのです。このイソチオシアネートは大根やわさびの辛味をもとなっている成分ですが、これはすったり刻んだりすることによって発生します。そのために通常ではなかなか摂取が難しい成分とされているのです。しかしケールを含む青汁ではしっかりとケールをすり潰して使用しているために、実に効率よくイソチオシアネートの摂取が可能になっているのです。またこのイソチオシアネートにはガン発生の抑制や解毒酵素の活性化など健康面での高い効果があると期待されています。
次は青汁のコレステロール値を下げる効果を説明していきたいと思います。