ダイオキシン対策

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

ダイオキシン対策

青汁はダイオキシンにも高い効果があると言われていますが、そもそもダイオキシンとは何かから説明をしていきたいと思います。ダイオキシンはポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン(PCDD)とポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)の総称であり、非常に高い毒性を持っています。その毒性は50mプールに目薬一滴分の量をたらしただけの濃度で、ホルモンのバランスを崩すほどといわれています。この恐ろしいダイオキシンですが、実は脂肪に溶けやすいという性質があります。そのために人体にダイオキシンが入ると脂肪の中に溶けてしまい身体にダメージを与え続けます。ラットの実験では、発がん性の確認や奇形児の誕生などかなりの有害性が明らかになっています。まさしく地上最強の毒物といわれているだけのことはあります。このダイオキシンに対して青汁は高い効果を発揮します。青汁に含まれる「食物繊維」と「クロロフィル」は脂肪からダイオキシンを追い出す効果があることがわかっています。食物繊維とクロロフィルの摂取によって便から排出されるダイオキシンの量が増えることがわかっており、ダイオキシン対策を考えた際には青汁は非常に重要なアイテムといえます。ダイオキシンは恐ろしいことに身近に存在しており、その汚染そのものから逃れることは非常に難しいものです。しかし青汁の摂取によってダイオキシンによる被害を最小限にすることは可能なのです。
次は青汁の持つアルツハイマーに対する効果を説明していきたいと思います。