コレステロール値

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

コレステロール値

コレステロールという言葉にはマイナスのイメージが付きまとっていますが、実はコレステロールには「善玉コレステロール」と呼ばれるものと「悪玉コレステロール」と呼ばれる2種類が存在していることをご存知でしょうか。似ているようで大きく異なる「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」の差はその働きになります。善玉コレステロール(HDL)は身体から余分なコレステロールを回収してくれますが、悪玉コレステロール(LDL)は回収作用がなく身体にコレステロールをどんどん積み上げていきます。この積み上げられたコレステロールは動脈硬化などの恐ろしい病気の原因になると言われています。この悪玉コレステロールに対して青汁は非常に効果が高いとされています。青汁自体非常にヘルシーな製品であり、悪玉コレステロールとは無縁のものですがなんと青汁には悪玉コレステロール値の上昇を防ぐだけでなく、数値を下げる働きがあるのです。青汁には「抗酸化成分」という成分が含まれており、この成分が動脈硬化を食い止める作用と、悪玉コレステロールの数値を下げる作用があるのです。またそれだけではなく、善玉コレステロールの援軍も青汁は行ってくれます。悪玉を倒しつつ、善玉の味方をするヒーローのような存在。それが青汁なのです。
次は青汁のアンチエイジング効果について説明をしていきたいと思います。