アトピー改善

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

アトピー改善

従来アトピーとは幼少時代に発症するものであるというのが定説でした。しかし近年では環境汚染、アスベスト、ハウスダストなどの問題から成人になってから発症するケースや環境の変化などによっては再発するケースが増えてきています。そもそもアトピーという症状自体が増加傾向にあるといっても過言ではありません。原因は先ほどあげた例だけではなく食生活の乱れなどにも問題があると専門家は見ています。食生活の改善という意味で青汁に高い効果があることはすでに説明済みですが、それだけではなく青汁にはアトピーに対して高い効果があることがわかっています。アトピーとはそもそも過剰な反応(アレルギー反応)が起きてしまっている状態を指しています。その過剰な反応をするのが「好酸球」や「血清IgE値」です。青汁に含まれるケールには好酸球と血清IgE値を減少する働きがあることがわかっています。つまりアレルギー反応を抑える働きが青汁にはあるということです。従来アトピー治療にはステロイドなどの投薬がされていましたが、最近では複数のアプローチからアトピーを改善しようという流れが支流になっているようです。青汁はまさしく複数アプローチの方法のひとつだといえます。また幼少期の子どもにステロイドを処方することに抵抗がある親御さんも増えており、より青汁のような新しいアプローチが期待されています。
次は青汁の持つ抗がん作用について説明をしていきたいと思います。