アルツハイマー予防

青汁を比べて解る!サンプルが取り寄せられる!

アルツハイマー予防

アルツハイマー症は高齢になるほど発症リスクが高まるといわれ、誰もが発症する可能性がある恐ろしい病気です。軽度であれば通常と同じように生活を送ることが可能ですが重度になると日常会話はもちろん最悪寝たきりに状態になるといわれています。混同しがちですが「物忘れ」とは根本的に異なります。アルツハイマー症は脳の神経細胞が変性、消滅していく病気です。思い出せないのではなく、記憶している脳自体がダメージを負ってしまう病気なのです。このアルツハイマー症は原因が諸説あり、いまだに全容の解明はされていない恐ろしい病気です。しかし近年、このアルツハイマー症の原因のひとつに「ホモシステイン酸」の蓄積が発症原因であることが解明されました。ホモシステイン酸には、アルツハイマー症の原因となるたんぱく質「ベータアミノロイド」を脳に蓄積する作用があり、このベータアミノロイドもアルツハイマー症の原因であることがわかっています。つまりアルツハイマー症の予防にはホモシステイン酸の減少が必要なのです。青汁に含まれる「葉酸」がアルツハイマー症に対して有効であることがわかっています。従来、葉酸は貧血予防などに有効とされていたのですが、実験によって葉酸の摂取とアルツハイマー症の発症リスク回避には大きな関係性があることがわかっています。葉酸は酸素や熱、光に対して不安定な性質を持っています。そのために通常の食事などの摂取よりも青汁としての摂取の方が望ましいといえます。
次は青汁の持つ自然治癒力の向上について説明をしていきたいと思います。